気になる話題がまるわかり!No.1女性掲示板「OK GIRL」
一覧▼

会社の飲み会で、お持ち帰りされた……orz

1:鉄女さん (30代) 19/11/22(金) 00:15
974 ビュー
ちょっとだけ私の話を聞いてください。

私はどこにでもいるアラサーのOLです。
でもこの歳になっても、誰とも付き合ったことがない。
つまり、男を知らないってやつ。

仕事が大好きで、無我夢中で追いかけてたらこんな歳になってた。
そのせいか、両親は、さり気なくやんわりと「孫の顔が見たいアピール」をしてくる。
会社のメンバーは私のことを「鉄壁の女」と揶揄する。

オカタイ女。
良いように言えばクールな女性。
周りから言われる私の印象は、大抵そんな感じ。

自分としては、男ばかりの職場でよくやってきた方だと思う。
こんな風に書くと誰かが眉をしかめるかもしれないけど、上司からの評価は、まあいい方だろう。

多分、こんな感じでこのまま年を取っていくものだと私は思っていた。
アラサー特有の「早く結婚しなきゃ」とかいう焦りはあまりなかった。

どうせ自分は一人で生きていくんだ。
きっと将来は孤独死するんだろうな。
まあ、それでもいい。

それでもいいって思ったのに、なんでこんなことになっているのか。
今、すごく自答自問している。 会社の飲み会で、お持ち帰りされた……orz
  • 2 : 匿名さん 2019/11/22(金) 12:22 AM ID:15735
    これはちょっとヤバそうな感じですな。

  • 3 : のちさん 2019/11/22(金) 12:42 AM ID:15743
    うわー、これはヤバイ、、、

  • 4 : 匿名さん 2019/11/22(金) 11:32 AM ID:15755
    持ち帰りの状況詳しく

  • 5 : 鉄女さん 2019/11/22(金) 11:48 AM ID:15756
    >>2 >>3 >>4
    レスありがとうございます。
    独身OLのボヤキにつきあってくれて嬉しいです。
    続き、投稿します。

    会社の飲み会は、ハッキリ言って好きじゃない。
    でも「会社の人間関係を円滑にするコミュニケーションだから」という暗黙の了解がなぜか社内に漂っていて、よっぽどのことがない
    限りは「必ず参加」が鉄則。

    ……飲みニケーションって言葉、誰が考えたんだよ。
    ぶっちゃけて言えば中指を立てたいくらい、私は飲み会が大嫌いだ。

    でも、所詮社蓄。会社に属している以上は、この同調圧力には逆らえない。
    だから、なんとなーく周りに合わせて参加して、ある程度の時間をすごしたら帰る。
    それが私の飲み会に対する鉄則だ。

    ある日、仕事で致命的なミスが発覚した。
    やらかしたのは、会社の先輩。ここでは、ミス男としよう。

    業務上の守秘義務に関わるから詳しいことは書けないけれど、だいぶ大きい失敗で、取引先の会社はかなり激怒。
    致命的な過失であれば、直接謝りに行くのが社会人のセオリーだ。

    この場合は、ミス男が取引先に行くわけだが……なぜか、クレーム処理に私も駆り出されることとなった。

    「同じプロジェクトのメンバーだし、オレを助けると思って!」

    ミス男は、神社に神頼みでもするかのように「お願い!」と手を合わせて、私に懇願してきたのだ。
    この時点ですっぱりと断ればよかったものの、相手は先輩だし、ここまでお願いされては「しょうがないな」と思ってしまう。

    だけど、この選択が、のちのち私を後悔させることになる。

  • 6 : nokoさん 2019/11/22(金) 12:01 PM ID:15757
    文体からして、かなり勇ましい女子にお見受けしますが、そのあなたがお持ち帰りされたとは大変興味深いですね。

  • 7 : 匿名さん 2019/11/23(土) 4:18 PM ID:15770
    で、その続きは?

  • 8 : 鉄女さん 2019/11/26(火) 5:26 PM ID:15805
    >>6 >>7
    こんな話に興味をもって下さって、ありがとうございます。

    前回の続きになりますが、お付き合い頂けると嬉しいです。

    なぜ先輩であるミス男が、謝罪のために私を取引先に連れていったのか。

    それは「今回の過失は私が原因」と先方にアピールするためだった。

    私が取引先に謝れば、あっさりと取引先の担当者は許してくれるはず。

    なぜなら、相手は温厚そうな顔をして、意外と女好きだから。

    ミス男の読みは大当たりして、今回の過失の件も大事にならずにすんだのだけれど。

    私をダシに使った先輩は、悪びれもせず「予想大当たり。オレってすごくない?」と言う始末。

    このクソが。

    そう言えば、多少すっきりするのかもしれないけれど。

    どうしても、できなかった。

    陰鬱な気持ちを抱えたまま、仕事が終わって。

    本当だったら真っ直ぐに家に帰りたかった。

    だけど、そんなときに限って「会社の飲み会」がある。

    具合が悪くなっちゃって。ごめんなさい。とかなんとか適当に言って、帰ってしまおうか。

    そう思っていたところに、「おーい、鉄女も今日の飲み会行くよな~?」と、以前から、まあまあ仲の良かった同僚が声をかけてきた。

    名前は……適当に同僚男としておこう。

    「行くよな?」と言われたら、まあ、行くしかない。断るフラグを、自分でへし折ってしまった。

    長年にわたって「飲み会にただ行く」行為を怠惰に続けてきたせいだ。

    あとから思い返すと、私、バカだな……とつくづく思う。

  • 9 : 雨の子さん 2019/11/26(火) 6:12 PM ID:15824
    しっかり筋が通っている女性のように感じるのですが、どうしてお持ち帰りされてしまったのか気になります。

  • 10 : 匿名さん 2019/11/27(水) 9:46 AM ID:15908
    ミス男先輩、最低ですねー

  • 11 : 匿名さん 2019/11/27(水) 9:48 AM ID:15910
    先輩、人のせいにして最低ですね。

  • 12 : 匿名さん 2019/11/27(水) 9:12 PM ID:16096
    飲み会にとりあえず参加はするけどパッパッと帰る予定だったはずですよね。でも、お持ち帰りかぁ。どうお持ち帰りされたのか気になりますね~・・・。

  • 13 : 匿名さん 2019/11/28(木) 4:35 AM ID:16142
    楽しければいいんじゃないかなw

  • 14 : 匿名さん 2019/11/28(木) 4:36 AM ID:16143
    わたしなら ちょっと嫌かなー
    軽い感じ苦手です

  • 15 : れいさん 2019/11/28(木) 3:15 PM ID:16269
    お持ち帰りされてしまった流れがきになりますね

  • 16 : 匿名さん 2019/11/29(金) 9:43 AM ID:16598
    小説、、、?笑
    お持ち帰りされたって、どういう経緯で?

  • 17 : 鉄女さん 2019/11/29(金) 2:09 PM ID:16642
    >>12 >>15 >>16

    せっかく興味をもってくれたのに、ごめんなさい。

    流れも何も…本当アホとしか言いようがないというか、焼けのヤンパチというしかない心境だったんだろうと…今振り返ると、思うかなぁ。

    正直、お酒がおいしいとは、あまり思っていなかった。

    大体、もともとあまり好きでもないし。

    おいしくないけど、アルコールを胃のなかにひたすら流し込む。

    流し込むと体や頭がふわっと羽みたいに浮いた感じがする。

    すると、なぜか胸の中にあるむなしさが和らぐような、気がして。

    「めずしくいい飲みっぷりだねえ」
    「飲み過ぎじゃないか?」
    「大丈夫?」

    なんだか、みんなにそう声をかけられた気もする。

    のんで、ガラにもなくのみまくった。

    思い返せば返すほど、このときの私はアホになっていた。

    アホになっていないとやってられなかった。


    「鉄女、今日はどうした?」

    声をかけられて、はっとすると見知らぬ場所にいた。

    なぜか、私は、ホテルの一室らしき部屋にいて、ベッドで横になっていた。

    「鉄壁の女が、ここまでハメを外すなんてめずらしいなあ」

    と言ったのは、上半身裸になった同僚男だった。

  • 18 : 匿名さん 2019/11/29(金) 2:42 PM ID:16647
    お持ち帰りの話は?

  • 19 : 匿名さん 2019/12/02(月) 3:47 PM ID:16926
    酔っ払ってどういう流れでお持ち帰りされちゃったのか記憶にないってことですね。
    一番嫌なパターンかも・・・

  • 20 : 匿名さん 2019/12/02(月) 6:31 PM ID:17033
    では、そのあとは?

  • 21 : 匿名さん 2019/12/02(月) 6:41 PM ID:17037
    吐き出して下さーい。
    続きに興味あり。

  • 22 : 鉄女さん 2019/12/03(火) 2:47 PM ID:17494
    >>19

    そうですね…そう答えるより、説明のしようがない…。


    気分が悪いながらも目を開けた私は、目の前にいる裸の男の姿を見てパニックになった。

    同僚男も、私のうろたえぶりを見て慌てたらしい。

    ベッドに横たわる私から距離をとって、「とにかく話を聞いてくれ」と繰り返した。

    私が嘔吐した先が、同僚男の上着であったこと。

    シャツにもズボンにもかかったので、ぜんぶ脱ぐしかなかったこと。

    そして、ここがラブホテルであることも。


    うわ、マジか……。

    「ごめん」と私はとっさに謝る。

    酔いつぶれた私を、同僚男が介抱してくれていたらしく。

    「でも、なんでラブホ?」

    「しょーがねーじゃん、お前が気持ち悪いって言うし、行くところなかったんだよ!」

    うん。

    それは確かに、こうするしかなかったんだなと納得するしかない。

    それから「今日は何かあったのか」と、率直に聞かれて、私は言葉を失った。

    今日の飲み会で、私の様子がなんかおかしいなあと同僚男は感じたらしい。

    私が黙っていると、同僚男がベッドにドスンと座る。

    お互いに何も言わなかった。

    その沈黙が重くて、重くて。

    だからつい。

    今日、取引先であった出来事と、実はミス男にひっそりと片思いしていて、そのせいで今日のことがとてもショックだったことを、私は同僚男に白状するしかなかった。

  • 23 : 匿名さん 2019/12/03(火) 2:53 PM ID:17496
    ミス男さんに片思いしていたんですね。そこにびっくり。

  • 24 : あおさん 2019/12/03(火) 3:32 PM ID:17514
    正直言って会社の飲み会で、持ち帰られる女は
    かなり痛いと思っています。
    会社の飲み会で、男とどうにかなるなんて
    私生活では満たせないのかなと思ってしまします。

  • 25 : 匿名さん 2019/12/04(水) 2:05 PM ID:17936
    まだ続きが気になる。

  • 26 : 鉄女さん 2019/12/05(木) 4:13 PM ID:17959
    >>24

    そうですよね。イタいですよね。

    まあ、満たすも満たさぬも、当時は一度も経験がなかったので。。。


    ホテルで目が覚めた後、ガラにもなく泣いてしまった私を見て、同僚男は、納得したらしく。

    「失恋しちゃったのか。だからヤケになって大酒飲んだと」

    そして、少し沈黙をはさんで「じゃあさ、俺を選んじゃえよ」と、あっさり言った。

    「どういう意味?」

    私が聞き返す。

    すると同僚男は、私を押し倒した。

    視線が交わって、私は体をこわばらせる。

    「泣くなよ」

    「いきなりそんなこと言われてもわかんない」

    涙があふれて止まらなくなった。

    いろんなことが起きすぎていて、頭が混乱して。

    子供みたいに泣きじゃくっていたら、同僚男が優しく抱きしめてくれて。

    「弱みに付け込むみたいで、悪いんだけど」

    同僚男は、ストレートに私のことが「好きだ」と告白した。

    「お前、みんなと仲良くしてるふりしてるけど、いつもどこか壁作ってんじゃん。だからみんなお前のこと「鉄壁の女」ってからかったりするけどさ……いつになったら、その壁とっぱらってくれんの?」

    同僚男のストレートな物言いに、言葉が出てこない。

    なんとなく図星だったし、私はこの場合、どう返事をすればいいのかわからなかった。

  • 27 : 匿名さん 2019/12/11(水) 3:28 PM ID:18271
    同僚男なかなかやるね~。
    そして、付き合ったの?

  • 28 : 匿名さん 2019/12/12(木) 3:14 AM ID:18835
    少女漫画の中に出てくるセリフにそっくりでびっくりです。でも面白い。

  • 29 : 鉄女さん 2019/12/12(木) 1:58 PM ID:19220
    >>27

    ストレートに聞かれると答えずらくもあるのですが、、、

    結論から言うと、そういうことになります。

    恥ずかしい…


    ホテルで同僚男と拮抗状態というか、気まずくてどうにも身の置き場のないような感じになった私は、つい、一度も男性と『したこと』がないと、爆弾発言をしてしまった。

    「は?じゃあ、エッチぜんぜんしたことないの?」

    「いやいや、ハッキリ言わないで」

    顔から火が出そうになる思いをしながら私が言い返す。

    だけど同僚男は、そんなのお構いなしにあっさりと「そっか、じゃあ、俺で試す?」と聞いてきた。

    コイツって、バカじゃね?

    ……と思ったんだけど、そうだコイツ、バカのつくバカ正直野郎だった。

    「いや、もうここまできたら試すしかないのかも」とぐらつく私もどうかしてる。

    そのあとは、もう流れでキスして、あとはお察しの通り。

    恥ずかしい話だけども。

    「いいから、俺にしておけよ」

    アイツのその一言で、私が恋に落ちたのは言うまでもない。

    くやしいけど。


    話はこれで終わりです。

  • 30 : 匿名さん 2019/12/12(木) 2:39 PM ID:19238
    付き合ったんですね~。
    しかもちゃんと好きならいいじゃないですか!

  • 31 : 匿名さん 2019/12/14(土) 9:55 PM ID:19725
    面白い。やはりリアルな話は引き込まれる

  • 32 : 谷やんさん 2020/01/22(水) 10:24 PM ID:22760
    実に羨ましいかぎりの話じゃないですか⁉️
    ゲロかけられても看病してくれて未経験と聞いても引くどころか協力的❓で☺️羨ましいしかないです‼️

このトピックにコメントをする

このトピックのコメントは終了しました。

注目トピック
関連トピック

恋愛アクセスランキング